水田 リノベーション 事業。 【2021正念場 水田農業】需給状況 危機感共有を――米在庫削減が最大の課題に JA全中 馬場利彦専務に聞く(2)|クローズアップ|農政|JAcom 農業協同組合新聞

栃木県/実需者ニーズに応じた低コスト生産等の取組を支援します(新市場開拓に向けた水田リノベーション事業)

☘ 今後、関連対策を前提にした作付けや出荷先の議論を進めていく中で、目安の修正も検討していただきたいですし、さらに具体的な作付け意向の把握と生産・出荷の見極めも進めていただきたいと考えています。

【新規事業の御案内】水田農業を営む農業者・実需者の皆様へ:農林水産省

🤭 生産者はリスク分散を考えてさまざまな出荷先に販売していると思いますが、売れずに在庫になっていれば今年産の米は買ってくれません。 各都道府県のほか、県中央会、全農県本部にも参加してもらい、オンラインでしたが数百人規模の会議になりました。 助成単価は10a4万円。

栃木県/実需者ニーズに応じた低コスト生産等の取組を支援します(新市場開拓に向けた水田リノベーション事業)

😈 ですから、需給状況を伝えること、備えることが大事だということです。 7万haとなりましたが、それでも過去最大級の面積の転換が必要です。 以下に続く. 7万haの作付けを他作物に転換し、米の需給と価格の安定を図ることが求められている。

【農水省】水田農業を営む農業者への新たな支援策を発表

📲 ただし、問題は加工用米を買ってくれる実需者がいるのかと言う点である。 対象品目は輸出用米、加工用米、麦・大豆、高収益作物の4品目です。 たとえば、生産者の直売は33%、約250万tあるといわれていますが、そのうち6割は生産者から卸への直売です。

新市場開拓に向けた水田リノベーション事業の要望調査について:農林水産省

♨ 直近の加工用向けMA米の売却価格は、うるち米がトン10万3865円、もち米が17万0129円であり、この価格と同値水準にするには3年産加工用米を2年産より1俵3000円以上値下げしなければならない。

農業協同組合新聞

👐 対象となる作物は2021年産(基幹作)の、 ・輸出用米、輸出向けパックご飯の原料用米や、輸出向け日本酒の原料用米など新市場開拓用米 ・加工用米 ・野菜など輸出/加工・業務用の高収益作物 ・麦、大豆 これらに対して、取組面積に応じて10aあたり4万円を支援。 農水省は低コスト生産の取り組みは、すでに実施していることでも要件とするとしているが、取り組み面積を拡大したり、新たな取り組みの実施を推奨する。

3

栃木県/実需者ニーズに応じた低コスト生産等の取組を支援します(新市場開拓に向けた水田リノベーション事業)

😍 また、商品表示では外国産米から国産米使用に変える必要がある。 また、食品製造事業などに向け、輸出に必要な機械・施設の整備や切り替えのために必要な費用の2分の1以内を支援。

3

【2021 正念場 水田農業】インタビュー・農林水産省・平形雄策農産部長 主食用以外の定着を支援(上)|クローズアップ|農政|JAcom 農業協同組合新聞

♥ このほか都道府県の再生協議会が品目ごとに地域特認メニューを設定することも可能としている。 問い「加工用米などについては需要の伸びが期待できない中で、加工用米等を増産する対策を講じた結果、加工用米の価格が低下するなど、産地にとって不利な取引を喚起する恐れがあるのではないか」 答え「・あくまでも実需者と生産者の合意に基づく数量や価格等で締結していただくことが基本です。

4